読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆったり 気ままに

茶の間在宅 俳優オタク

リアコにはなれない

 

 

気がついたら10月が終わる。4月に社会人になったと思ったらもう半年過ぎただなんて意味がわからないです。年を重ねると月日が経つのを早く感じるとかいいますけど、ほんとそのとおりですね。

 

さて、そんなわけで(どんなわけだよ)2週間ほど前に推しが出ている舞台(あれは舞台といってもいいのだろうか)を初めて観劇してきました。

初遠征で初TOKYO、色々ありましたがとっても楽しめました。生の推しはお顔が綺麗すぎて同じ人間とは思えませんでした、、、。推しの歌もきけて、最高な2日間をすごせましたよ、ええ。遠征から帰ってきた翌日の仕事はとてつもなく(精神的に)つらかったですけど。いやまず帰りの飛行機乗るときに「なぜわたしは全通できないの、なぜ地元に帰らなければならないの」とかガチで思いながら病みやみまっくすでした。

 

 

推しはじめてまだ1年とかそんぐらいなんですけど、わたしはド新規なときが1番盲目で拗らせやすい。ジャニオタのときとかそうだった。1番大好きだった担当が大嫌いなタレントと付き合ってるだか同棲してるだかで燃えたとき学校で泣き喚いたの懐かしい。あのときはきっとリアコでした、担当に。

今の推しにはリアコではないと思う。多分、リアコになってしまうと色々大変なことになる。今の自分がおかれている状況が嫌になって自殺するだろう。(ずいぶんと不穏だな)

 

リアコ拗らせる→推しに会いたくなる→金銭的にTOKYOになんて行けない→会いに行く時間もない→好きなのに会えない→無理、病む→死ぬ

 

みたいな、ずいぶんとザックリ書きましたけど。お金がないなら副業したり食費とか諸々を削って貯金したらいいじゃんって話ですけど、副業が職場にバレたらって思うし、そもそも親に止められる。食費削ろうにも削るぶんあれば実家にお金入れなきゃならんのです。貯金する金あれば実家に入れなきゃ生活ができない。だから本当は今月推しの舞台観に行くのも最初反対された。金銭的に余裕ないんだぞ!ってな!(実家が金銭的に苦しいだけでわたしは別に少しぐらい余裕あるから!)ってな!

実家から出ていこうかな〜って思ってるけど職場付近、まともな物件がない。今の給料のことを考えると一人暮らしになるほうが色々大変になるかもしれない。

 

話がなんか逸れちゃった気がします。

 

多分わたしがリアコになれば推しに会いたくなって現場行きまくるんだろうけど、今のわたしがリアコになっても推しの現場になんて行けない。無駄に病むと色々支障をきたすのでリアコにならないよう、ただのゆる〜い在宅茶の間オタクでいようと努力します。

 

一回遠征しちゃうと、遠征のハードル下がるんですよね。

「遠征ってお金かかるし、色々大変そう無理」

とか思ってたのに、いざ遠征してみると

「あれ?案外大変でもないしすごく楽しい!」

って思っちゃうんです。実際お金はかかるけど、無理じゃない程度の金額だし。遠征はそれなりに出来るものだってわかっちゃったらハードルはかなり下がる。

 

リア友に遠征したこと話したら

「もう東京住んだほうが早いよね」

とは言われたから、東京に移住するかもしれない。けどわたしは今の職場に最低でも3年はいなければならないので、移住するとしたら3年後。果たして3年後も変わらずあの人を推しているのだろうか。それとも若手俳優には飽きているのだろうか。

次の遠征、推しの現場は3月。3月までお仕事決まってないので、今は3月に向けて準備せねば(隠れて貯金しよう)

 

推しくん、好きだよ。けどこれは茶の間オタクとしての好きだよ。現場も最低限しか入れない雑魚なオタクだけど、推しくんのことは好きです。好きでいさせてください。